ライフハック

[M]2018年手帳はジブン手帳とほぼ日手帳で決定!使い方比較とほぼ日手帳Planner「シュタイフ」の魅力に迫る!

Hobonichi kuma 5こんにちは!みう(@miu0512)です。2018年の手帳はジブン手帳とほぼ日手帳に決定しました。というのも、ぬいぐるみメーカー「シュタイフ」とコラボしたほぼ日手帳が出たということで早速購入!

2018年ほぼ日手帳は、ほぼ日ストアから購入しました

オンラインショップではすべてのほぼ日手帳が購入できます

Hobonichi kuma 1
はじめてほぼ日ストアから購入しました。注文から結構時間が経っていましたが、とりあえず到着。小ぶりの黄色のダンボールに入ってやってきました。

中を開封すると、ほぼ日手帳とボールペン、そしてサイコロ

Hobonichi kuma 2
ほぼ日手帳の本体と、ボールペンとサイコロが入っていました。
ほぼ日ストア購入特典だそうです。

おしょくじサイコロとボールペン

Hobonichi kuma 4
使い方としては、
「2つのサイコロを同時に振る」
「食材」×「調理法」で今日のメニューを決めることができるそうです。
・・・え?w

2018年ほぼ日手帳は一味違う!クマ印のオシャレなタイプに

ほぼ日手帳Plannerの「シュタイフ」コラボバージョン

Hobonichi kuma 3
「Hobonichi Techo Planner 2018」という、「ほぼ日手帳」の英語版なのですが、このタイプに「シュタイフ」がコラボしてクマ印のデザインになりました。黒のザラッとした表面に、金色で「手帳[クマ]」と書かれています。おしゃれ!

シュタイフとは・・・?

”永遠の友だち”として、世界中で愛され続けている、世界最古のぬいぐるみメーカーだそうです。

日本語版と何が違うの?

Hobonichi kuma 6
具体的には特に何も変わりありません。A6サイズで、ちゃんと月間ページもあります。

Hobonichi kuma 7
それから、1日1ページ、それから紙質まで一緒です。紙質は正直もうちょっと良いものが良かったなぁ、なんて。

持つと軽い。かさばらない。分厚くないのが◎

Hobonichi kuma 8
持ってみると結構小さめ。カバンに持ち歩くにはちょうどいい大きさですね。

手帳本体 Planner[シュタイフ](1月はじまり)

ということで、2018年の手帳はジブン手帳とほぼ日手帳を使います

使い方は完全に分けたいと思っています。

Hobonichi kuma 10
ジブン手帳は毎日のライフログを書くのに便利。今日何したとか、どこに行ったのか、何を食べたのかがすぐにわかるので、毎日欠かさず書いていこうと思います。

ほぼ日手帳には、その日のメモやタスク、思ったことなどを書いていこうと思っています。いわゆるタスク管理&ネタ帳ですね。

2冊も使い分けられるの?

そんな感じで使い分けられれば、2冊でもしっかり使いこなせるのではないかなと考えています。

ちなみに2017年に使っていた手帳は?

2017年はジブン手帳とEDiTを使っていましたが、ジブン手帳BiZは途中で忙しいというのを理由に書かなくなってしまいました。それだけは2018年は避けたいトコロ。EDiTは今でも使い続けています。

なんとシュタイフに合わせたカバーも販売しているとか

黒のもふもふなカバー。ほぼ日ストアでは現在売り切れ(2017年11月1日時点)ですが、再販売も検討しているそうです。

ほぼ日ストアの箱にはどや顔でメロが座っていた

Hobonichi kuma 9
箱があったらどこにでも、という精神の持ち主。まさかこの小さいダンボールに入らないだろうと思っていたら、ぴったりハマっていました。

さいごに・・・

店頭で販売しているほぼ日手帳はどれも似たような感じで、紙質もあまり好きではないし、カバーもあまりそそられるものがありませんでしたが、シュタイフコラボは結構私の中で激アツ。黒地に金ってカッコイイ!

最後までお付き合いいだだきありがとうございます!

これからも、みう(@miu0512)を応援していただけたら嬉しいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみうをフォローしよう!

About

みう

みう (@miu0512)

フリーランス4年を経て起業。ホームページ制作やLP制作を企画からマーケティングまですべて請けているため、「Webコーディネーター」として活動中。

Category

Popular

  • 本日
  • 週間
  • 月間
  • 殿堂

本日の人気記事

週間の人気記事

月間の人気記事

殿堂の人気記事

PAGETOP